手軽なカメラの買取

カメラ一眼レフカメラがブームになり、手頃な価格のカメラを持っている人が多くなりました。メーカーもニーズにあった機種を次々に発表しており、今までになかった便利な機能や、画質を向上させたカメラが、どんどん手に入りやすくなっています。また、撮影に慣れていくうちに、より高い撮影機能をもったカメラが欲しくなるのが一眼レフカメラ。入門機から中級機、上級機へとステップアップしようと考える人もいるでしょう。

そんなとき悩むのが使わなくなったカメラのこと。今まで愛用してきたカメラです。壊れてしまったのでもなければ、捨ててしまうには惜しいところ。とはいえ、新しいカメラを購入してしまえば、よほどのことがなければ使うことはありません。どうするか悩む古いカメラは、買取に出すのがおすすめです。状態や機種によっては、思いの外、高値で買い取ってもらえることもあります。要らなくなるからと処分するのではなく、すべて売ってしまえば、新しいカメラの購入資金の一部にあてることもできます。

買取と同じく、買い替えのときに使われるのが下取り。新しいカメラを購入する際に古いカメラを引き取ってもらって、新しいカメラの代金の一部に当ててくれるサービスです。カメラを購入する店で買い取ってもらうように見えますが、大きく異なるのは買取価格。特に、中古販売をしていない店での下取りでは高値は期待できません。

では、カメラの買取にはどんな方法があるのでしょうか。カメラ買取専門店も増加し、さまざまな方法での買取サービスが提供されています。このサイトでは、主な買取方法をご紹介します。